蜂を退治しなければならない理由|専門家にお願い

駆除の必要性

家

入り込む場所を想定

トコジラミは、家具の後ろやカーペットの裏側、ベッドのマットレスの内部などに入り込みます。そして夜になると出てきて、人間の体から血を吸うのです。吸われることで肌は赤く腫れますし、痛みやかゆみが生じる上、それが1〜2週間続きます。そのためトコジラミが発生した場合には、多くの人が専門業者にトコジラミ駆除を依頼しています。先述したようにトコジラミは、狭い場所に入り込む虫ですが、トコジラミ駆除はそれを想定した上でおこなわれます。具体的には、トコジラミが出入りしやすい場所に、吸着力の高いトラップを設置したり、スチームや炭酸ガスを流し込んだりするのです。トラップはもちろん、スチームや炭酸ガスで力尽きたトコジラミもしっかりと処分されるので、駆除後は快適に過ごせるようになります。

繁殖力の高さ

トコジラミ駆除は、トコジラミを発見したらすぐに始めることが大事です。なぜならトコジラミの繁殖力は非常に高く、駆除が遅れるほど被害が大きくなるからです。具体的にはトコジラミは、1日に5個ほど卵を産みます。毎日産卵するので、トコジラミが約100匹いた場合には、10日放置しておくことで卵は約500個になります。しかもその頃には最初に産んだ卵が孵化するので、トコジラミの数はどんどん増えていくことになるのです。ワンシーズンで数万匹に増えることもあるので、だからこそトコジラミ駆除は早めにおこなうことが肝心とされているわけです。しかし腫れや痛みやかゆみが生じても、トコジラミが原因となっているかどうかわからないということもあります。そのような場合には、専門業者に相談することで、トコジラミの有無を調査してもらえます。