蜂を退治しなければならない理由|専門家にお願い

駆除の必要性

家

トコジラミに血を吸われると、腫れや痛みやかゆみが1〜2週間ほど続きます。しかも毎日の産卵により数がどんどん増えていくので、発見した場合はすぐにトコジラミ駆除をする必要があります。専門業者に依頼すれば、トラップやスチームや炭酸ガスで、狭い場所に入り込んだトコジラミもしっかりと駆除してもらえます。

More Detail

最近流行の南京虫とは

南京虫

南京虫は、刺されると強いかゆみに襲われるのが特徴の害虫です。戦後日本で大流行しその後絶滅したのですが、海外が身近になった現代では再び流行の兆しがあります。南京虫駆除では、一般の殺虫剤に抵抗性があるために、専用の殺虫剤を使う必要があります。市販でも手に入れられるカーバメイト系殺虫剤が有効です。

More Detail

プロに任せるのが1番

蜂

アドバイスまでしてくれる

蜂は毒性の強いものと毒性がなく人を襲わない種類があるという。毒性がある種類で代表的なのが蜜蜂である。 蜜蜂は春に巣を作りはじめて、夏から秋にかけて活動するという。巣の特徴ははじめとっくりをひっくり返したようなかたちで、徐々に丸くなってくる。マーブル状の独特の模様で、入り口は下のほうにひとつだけある。蜜蜂の巣を素人が退治するのはたいへん危険で、業者に依頼するのが望ましい。業者なら今後2度と巣ができないようアドバイスまでしてくれる。刺されると最悪の場合命を落とすこともあるので、その道のプロに任せるのが1番である。業者の退治方法は会社によって違うが、ほとんど殺虫剤を使っている。巣の入り口をめがけて撒き、その後完全に動かなくなったのを確認してから巣を取り除く。

危険性がない

独特のマーブル模様は「蜜蜂」で、出入り口が六角形になっているのが「あしながばち」である。蜂の巣を確認するときは、夕方から夜にかけておこなうのがベタである。昼間蜂の巣に近づくと巣に帰ってくる蜂に追いかけられ、刺されることもあるという。蜂は黒いものに反応し寄ってくるので、帽子をかぶって髪の毛を隠しておかなければならない。黒い衣類もなるべく避けるべきである。ジュースやキャンディー、香水など、香りにも敏感なので気をつけなければならない。あしながばちは毒性がないため、わざわざ業者に依頼しなくても自分で退治できると言われている。素人でも危険性がないため、蜂の巣退治をしてくれる市役所でも断られることがある。

親しみ深いが害をなす獣

いたち

イタチは日本に古くからいる小動物ですが、最近は外来種の生息数も増加しています。都市化の進行に伴い、住宅地に出没してペットを襲うなどの害をなす事例も見受けられます。退治するには専門業者に依頼するのが確実です。

More Detail